テレフォンセックスの相手を探すときってどうしてますか?

テレエッチ好きな女テレフォンセックスの相手を探す時、どうしているでしょう?
テレフォンセックスをお願いして断った女の子はもうダメと切り捨てて、次へ次へという方法で探している人も居るかもしれません。

しかしそれは果たして本当に効率が良い方法でしょうか?
いきなりテレフォンセックスをお願いされて、すぐにOKと返してくれる子なんてごく少数と思って良いでしょう。

ある程度興味があっても、やはり第一声がNOである子がほとんどです。
そこでそういうNOと返事する子をOKにさせる為に少しの努力が必要になります。
コツがあるのでそれを使いましょう。

人間というのは、自分を必要としてくれる相手に対して行為を抱きます。
これは男性であるあなたも一緒でしょう。
最初は嫌だと断っても、相手が君じゃなきゃ、君にだからこそ頼んだ、みたいな言われ方をされるとOKしてしまった経験はありませんか?

女性もそのような事を言われる事には弱いのです。
こんなにも私としたいって思ってくれているのなら、OKしてもいいかなあと思うようになるのです。
また1日でOKまでもっていけない相手がいたとしても、あからさまに不機嫌な態度になったりしてはいけません。

その「君じゃなきゃダメ、君だからこそしたい」というスタンスで接する事で、テレフォンセックスに応じてくれるようになってくれるはずです。
相手の気持ちを高める手段として、相手を必要としてる事を伝えるというのはとても有効な事なのです。
これは覚えておいて損はありません。

テレフォンセックスを楽しむための努力について

テレセ無料のサイトテレフォンセックスを楽しむためには努力も必要かもしれません。
気軽にするテレフォンセックスで努力?と思うかもしれませんが、真剣に遊ぶ人もいてるように、何もしないよりは工夫や努力をした方がセックスが気持ちよくなるのであれば、努力するという人もいるでしょう。

まず、自分の身体の変化をどのように表現すればエッチに聞こえるか意識した事はありますか?
普段のセックスであれば、言葉の表現までは意識しないと思います。
女性なら感じているふりをするのに顔や声で感じているふりをする事はあるかもしれませんが、テレフォンセックスでは声は有効ですが、顔は見えませんから、言葉や表現が重要になってきます。

初心者ではいきなりエッチな表現をしてと言われても難しいですよね。
どう表現するかを例えばアダルトビデオなどで研究してみたり、テレフォンセックスを慣れている人の上手いと思った表現をマネてみたり、最初はマネからでもいいのです。

そのうち自分にあった表現が確立してくるでしょう。
テレフォンセックスをするのに努力や研究と言われても、何もそこまで・・・・・と思う人もいるかもしれませんが、どうせするのなら気持ちよくなりたいと思いますよね。

最初から上手く出来る人はいません。
練習したり努力をして上手くなっていく事を考えるとやっぱりテレフォンセックスでも努力は必要と言えるでしょう。

テレフォンセックスの語源について知っておく

電話エッチする女テレフォンセックスの言葉の語源について少し調べてみましょう。
セックスの語源がギリシャ語で「切り離す」ラテン語で「分ける」という意味で、これは男女が1人の存在だったのが、神によって2人に分けられたので、1つにもどろうとする行為がセックスだと考えられています。

この手の神話は世界各国のいろんな時代で共通して認識されている話です。
そして、テレフォンは合成語で、ギリシャ語のフォン・音という意味の言葉に接頭語のテレが前についた形です。

接頭語のテレは遠くまでという意味があるので、テレフォンで遠くの音を届けるという意味になります。
今では遠くの音を届ける機械として電話そのものをテレフォンと呼ぶようになりました。

電話の発明の歴史は古く、最初の発明は電話の父・グラハム・ベルが豚の腸の膜を利用し音声を電流に変える装置を作りました。
この発明によって音声を電気信号に変換する事に成功しました。そのため電話の音をベルというようになりました。

しかし、豚の腸の膜ではなかなか普及する事は出来ません、現在の電話の形にしたのはエジソンです。
エジソンが炭素式マイクロフォンの発明に成功しました。
そして現在では固定電話から、携帯電話になり、さらにインターネット電話へと進化を遂げていますが、原点は何1つ変わりません、語源のとおり、遠くの音を伝える事がテレフォンです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ